中学生時代を思い出してください。学校で英語の先生が「リピート・アフター・ミー」と言った後に、先生のマネをして音読をしたと思います。「真似して音読」はこれと同じように、英文をリピートする方法です。


従来からある何のへんてつもない音読方法ですが、ある点を意識しながらリピートするのが大事です。それは「正しく発音できるようになる」ことです。「正しく発音できるようになる」とは英語らしい音を作り出せるということです。このため音読教材は、音声CD など、音声データが付いているものを選ばなければなりませんが、必ずしもネイティブと同じように発音できるようになる必要はありません。「正しく発音」すれば良いのです。